stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

DEATH NOTE

DEATH NOTEのアニメを6話まで観ました
原作通りに進めていく必要があるアニメですが、イメージ通りで良いですね
オリジナル要素なくサクサクと進めていくと良いな~と考えております

デスノートを観てると思うのですが
僕は人の名前を覚えるのが苦手なので一回聞いただけではノートに名前を書けません
まぁ、人殺しなんて怖くて書けないとも思いますけどw

しかし、もしノートを拾ったら、どうしますか?
そこで僕がノートを拾った場合を考えてみます

多分、最初は英訳しながら読まなくてはいけないノートを見て
面倒くさいな…とか言いながら読み解いていくと思われます
そしてノートで人を殺せる事を知り
「アホかwwwww」とか言いながら、昔、嫌いだった学校の先生の名前でも書くと思われます

と、思いきや下の名前が分からない…卒業アルバムの出番ですなw
そうやって一苦労で殺しても結局、知りようがないので
ノートの効力に気づけない日々が続くと思います
ノートも引き出しか何かに起きっ放しでしょう
もしかしたら、アニメのキャラの名前でも書いて笑ってるかも知れませんけど^^;

しかし、ここでリュークの登場
マジで腰を抜かすと思いますよw
半分錯乱気味でしょうけど話を聞いて効力を知り、昔の担任を殺してしまった事に苦悩
ここでもう使わなくなると思いますけど、仮に使うと仮定してみましょう
どういう使い方をするかな…悪人を裁くなんて考え付かないんじゃないかな
殺す相手が思い浮かないんですよね…やはりパンピーですね

あ…!ノートで無理がないように賞金が掛かってる人間を自分の手で殺した事にすれば良いのか
生死を問わずに賞金が掛かってる人間でしたら殺人も認められます
いや駄目だ…その後の生活に支障が出てしまいます
第一に自分が殺される
第二に人殺しをした人間の今後の生活なんて知れてます

となるとリュークに返すのかな…死神が後ろにいる自体が耐えられなさそう
むしろ頭が変になるんじゃないかな…いやだからこそ、ノートが使えるようになるかも
何となくで自分が知っている人を殺して、一生後悔するんだろうな…
ノートを燃やすかも知れませんしね

無理だ…僕には使いこなせません
絶対に後悔する自分の姿しか見えないです
うーん、そう考えるとデスノートって、本当に怖いノートですよね
本当に漫画で良かったw

どうでも良いですけど、今日の日記は
もし自分がノートを使えたら?
という、着眼点は良かったと思います
真剣に悩む事ではないですけど、少し深く考えてみると面白いです
意外と自分の大切な人の名前が多分、浮かぶと思います
触るな!と言われると触りたくなるように
殺したくない、と強く思ってしまう人ほど脳裏に横切りがちです

人間は人を一番殺したくなる衝動に掻き立てられるのは誰かが憎くなったからではなく
高い所に人がいると悪戯で押したくなったり
靴紐を結んでる人を、ふざけて後ろから押したくなる
といったさり気ない瞬間に似てるんだそうです
計画を練れば練る程に殺人は無理な事に気づく、どんどん衝動は薄れるのでしょう
後の事は考えずに殺したいのでしたら、そこまで苦労はないですけど
完全犯罪を狙った時点で保守的な考えですから、衝動は薄れているとも考えられます

そして感情より理性が勝っている証拠でもあります
「人を何で殺してはいけないの?」
この質問は題意に問題があるのではなく、出題者に問題があるのと同じですね
まぁ、頭の中で理屈をこねるのは決して悪い事ではないので
今日のお題は頭の体操になりましたw
スポンサーサイト
プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。