stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ムービー作業   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

MADって難しいです><

やっぱり難しいですね
凄く難航してますけど、少しずつですが形になってきてます

せっかくなので、たまにはスナップショットと共に
動画の技術面なんかも含めて解説なんかもしてみます^^


onesnap04.jpg


長森の、とあるシーン

賛否に分かれる箇所ですが
浩平の戸惑いと恐れを包み込んでくれる
長森の愛情だけでない感情が出てるので
ONEの屈指の名場面だと思ってます

動画としても色々と意味を持たせてるつもりですので
それは完成してから語らせてやって下さいw

技術面としては

キャラをフォトショップで切り抜き→目だけ塗る
AEでキャラの後ろにカーブで調節した影を置き
テキストレイヤーとテキストアニメーション多数を背景にする
キャラのレイヤーの前に水晶(のつもりw)を置く
カメラワークで疑似3Dを制作
最後にカラーバランスで色の調整をして出来たーw

他にも透明度なんかもいじってますけど、基本はこんな感じです




onesnap05.jpg




えいえんのシーン

やっぱりONEといえば、えいえんの世界は必須ですよね
世界の果てまで流れるという風や
海に落ちる羊の群れの辺りの空をイメージしてます


技術面は

まずは基本の切り抜き作業
場面切り替えはSimulationのCC Pixel Polly
そして光の差込はレンズフレアを用い
逆光を表すためにキャラ複製しをカーブで黒くした後に
ガウスブラーで少しぼかし、そして少しずつ透明度を下げて
いきなり明るい場所に出た時に、目が慣れてきた感じを表現してます
テキストはブラーやハードミックスや差を用いてます

そこそこ逆光の雰囲気はありますけど、そんなに難しくないですねw


onesnap06.jpg




上記の通りなので、えいえんの世界の大空をイメージしました
個人的には海にぼちゃぼちゃ落ちる羊の群れを作りたいなー
と思ってますけど、映像としては微妙な様な?w
あくまでも比喩の部分なので
何の例えなのかの意味を伝えられた良いかも知れませんね


技術面は
空と海を作り、雲のレイヤーをフォトショップで作製
あとは、こんな感じかな~と置いて
軽く動かしながら、カメラも用いて疑似3D
水平線はくっきりと見えない様に
真ん中に白くぼかしたレイヤーを設置
これは3D処理しない方が楽なのですが
カメラに反映されないために、ちょっと数値設定が面倒です
テキストはハードミックスやブラーや差を用いてます
目立たないですけど、このテキストは
コンポジションを用いて作成した後に8つ重ねてます
最後にキャラに色を少し加えて、涼しげな感じにしました


今、見ると
ちょっと難しそうですけど、スカートをなびかせるために
モーフィングとか有りかも知れませんね




とまぁ、技術的には、意外と簡単だな、と自分でも思います
もし難しい部分と言えば、何だろう…
海と空と雲を置いた時の、カメラとのバランスとかかな?


まぁ、基本的に数値設定なんかが面倒なんですけどねw



個人的に感じてること

やはりMADは難しい
自分の表現方法が甘いのを再確認しましたね
そして場面場面の情報量が足りないかな
押し寄せる感動を作りたいので、この辺りは気をつけながらやります
まぁ、完成した後に上書きする様な感じで足しても良いんですけどねw

凄く勉強になってるので、自分としても良い刺激になってます
まだまだな腕ですが完成まで頑張りますね!
スポンサーサイト
プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。