stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アイマスライブ レポート

そんな訳でアイマスライブ
THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!に行ってきました!


会場は幕張メッセでして、入場は14時からで開始は15時
会場には13時くらいに到着して、せっかくですし物販へ


やっぱりライブはTシャツでしょ、と思い
柄的には黒いTシャツが欲しかったのですが
Sサイズが白しかなくて、仕方なく白にしました
まぁ、着てみるとやっぱり白は良いなーと思いましたw

ライブ開始前にフラワリングナイト面子と
本当に偶然にお会いしたので、のんびろと話したりしてました

去年はここでやったのが何だか懐かしいね
ライブでテンションあげるのは大切だよね

なんて会話をしながらホールに入場すると満員で
これが満員かーw
と驚かされました

お互いに席は違うので、中でお別れ
久々に話せて良かったですね

さて、僕の席は一番後ろのグループなのですが
先頭のおかげで、前に誰もいないために広く
ステージは遠いですけど見やすかったので良い席でした
こんな良い席が無料とは…嬉しいです


早速ライブスタート


俺のアイマス知識なんて胡散臭いですが
ゲームは一応は一通り触ってますし
一度、車の中で強制的に聴かされたりしたので
全く知識がない訳じゃありませんが
やはり周りの方々と比べると足りてなく
最初は上手く乗れなかったですね

ただ、そんなの関係ないくらいの物凄いステージ
ステージに階段もあるために遠くからでも全然見えましたし
作りがお洒落かつ派手、スクリーンも鮮明
特に照明の力の入れ方が違いました

よくVJ○○、とフライヤー等に書いてありますけど
本当に大切なのは照明
照明によって全然見え方が違いますし
照明との連携ならではの見せ方があります
よく使われるのは
後方照明をオフ(ステージの真向かいの照明)にして
奥の光だけで照らすと、ライブステージの方々が
真っ黒なシルエットになります
この演出はアイマスのライブでもやってましたね

なので演者の方々は照明さんと
よく打ち合わせした方がいいですしVJも
それを全て把握してないといけないと思ってます
ただ単に映像を出すだけなら、本当に簡単なんですよw
こういう演出とタイム管理が出来て、初めてVJなんじゃないかな
と僕は考えてます
ちなみに、この辺りは所属してる部署のリーダーに仕込まれました
何気に僕も下積みしてるんですよw

とまぁ、そんなつまんない話は良いとして
THE IDOLMASTER、エージェント夜を往く、眼が逢う瞬間
青い鳥、relations、隣りに…
辺りは生で聞けて良かったです

特に眼が逢う瞬間は北斗で爆笑しまくったので
何か思い入れが強かったです
でも歌はエージェント夜を往くとrelationsが好きです

エージェント夜を往くは
ゲーセンの頃でも記憶に残った曲というのもあって
サビのインパクトが好きだったのだと思います
CDバージョンはあんまり好きじゃなかっただけに
ライブで聴けて良かったです

relationsは、ちょっと古臭い感じが好きですw
これも360版かL4Uで気に入った記憶があります

まぁ、ぶっちゃけ、あまり歌は好きじゃないゲームでしたが
それだけに気に入った歌が流れると嬉しいですね
また友達が言うには、出演者の方々も歌が上手くなったそうで
最初の頃よりも聴き応えがあるそうです
そのおかげで、今回のライブで気に入った曲も出来ました
さらにライブはCDとは全然違いますし本当に良かったですね
何ていうか迫力があります

ちなみに、前の列の人はバラードの時は正座して聴いてました
こいつ、ガチ過ぎる
とか思ったら、後ろの人はマジ泣きしてました
挟まれた俺はサイリウムを振るしかなかったです


そんな楽しいライブも終盤を迎え
ついにアイマス2の発表
前日から出るのは知ってたので、どんなのかなーと
妄想してたので大画面で動画が見れて良かったです

5人でのダンスなんかも面白そうでしたが
個人的にはソロもあるのかな?というところでした
クリア後やファンディスクになるのかも知れませんが
MAD作る時に一人は必需品なので、気になりました

あと歌を全部撮り直しだと思いますので
上手になったバージョンが聴けるのは楽しみですね

そして雪歩の声が変わるという事で
その新しい声優さんがステージへ
あまり声優とか興味ないので、イメージ崩れなきゃ良いじゃん
くらいの感覚だったのですが、本人は気が気じゃなかった様子で

自分なんかが雪歩の声をやって良いのか
ファンの思い入れを打ち砕くのではないか
と泣きながら声にならない声で打ち明けてました

もちろん会場にいる人達は
所謂、紳士のプロデューサーさんなので
頑張れーとか、全然OK、と声を発してました
僕は、なんていうか、あんなに泣きながらの告白は衝撃でして
ここまで思いつめてくれてる方だったら頑張って欲しいなー
と思いました


そんな中、ついにライブも終焉
5周年記念という大きなライブの最終日という事もあってか
出演者の方々は本気で泣いてました
所謂「女泣き」

俺、こういうのに弱いですし、特に春香の声の人が

これからも宜しくお願いしますプロデューサーさん!

と泣きながらも凛々しく言ったのが凄く印象に残りました
こういう中々聞けない
人の心からの声を聞けただけでも充分に価値がありました


アンコールもあり締めは最初の曲である
THE IDOLMASTER
最初は上手く乗れなかった僕でしたが
最後には充分立派にノリノリでした
これが進化なんですかね


約3時間半でしたが、あっという間でした
凄く良かったですね
柄でもなく感傷に浸ってしまいました

そんな僕は会場から出る頃には立派なプロデューサーになってました
MAD作ります!
何て言うか有名になるとかお金とか下らないわ
そんなのより自分がやりたいと思った事をやる
ってのが一番だと思います
そうじゃないと作ったとしても
他の誰でもない自分が納得できないと思います

上手く言えないですけど、お金なんかじゃ買えない
そんな気持ちを貰えたライブでした
いやはや本当に良かった…



帰り道では、どの曲でやろうかな
この曲なら、こういう演出が良いんじゃないかな
と、一人妄想しながら池袋へ

アイマス好きのケんさんと合流し
360でアイマス流したり、プレイしたりしながら
珍しく酒を飲みながら話し合って寝ました
ガチでアイマス漬けでしたね



アイマスを知らない人でも楽しめる様な素敵なライブを
ありがとうございました
スポンサーサイト
プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。