stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

劇場版けいおん 聖地巡礼 を数年前にしてきました

けいおん観てきましたよ!
初日に行くとか、どんだけだよ
とか自分でも思いましたが、それだけ毒されてましたw

内容は思ってたよりも面白かったです
相変わらず、CM詐欺でしたけど…
あと、ちょっとその展開はねぇよ!
とかツッコミながらスクリーンに釘付けでした
何気にアニメと原作知ってると楽しめる様になってました!


さて、けいおんメンバーがロンドンに行く
という話で何度かイギリスに留学してた僕としては
聖地巡礼済みでした


パンフレットにメンバーが行ったコースが載ってるので
場所の特定は容易ですね
その中で自分が行った事があり
思い出深い場所でも書いてみようと思います


「ヒースロー空港」
イギリスの門なので、絶対に行く場所ですねw
アラブ系の人が警備をしておりターバンを巻いてまして
最初、インドかと思いました
空港って各国の匂いがするというか
空気が変わりますよね


「シャーロック・ホームズ博物館」
パンフに書いてあるのですが、本編では気づかなかったです
ベーカー街221b番地にある博物館
小説が書かれた頃はまだこの番地は存在しなく
架空の番地だったのですが、街の開拓が進み
ベーカー街221b番地が出来たため
ここをホームズ博物館として設立しました
この辺りはホームズのコスプレをした店員が歩いており
写真を快く承諾してくれます
ちなみに中にメイドさんがいます


「タワー・ブリッジ」
テムズ川の橋ですね
テムズ川近辺はロンドンって感じがして優雅ですけど
少し外れると貧困街になるため、治安が一気に悪化します
ビッグベンも同時によく写ってました


「ロンドン・アイ」
1周約30分の観覧車ですね
公園もあるため、週末は賑わっており
パフォーマーが多く、肌を銀色に塗り鎧を着て
置物の様に振舞ってたり、手品を見せたりし
チップをいただいてる方を多く見ます
ピンクの怪獣が写ってたのは、そのパフォーマーだと思います


「大英博物館」
ロゼッタストーンのレプリカがあるのかな…
唯がつついてましたね
今はガラスケースに入れられてるのですが
僕が行った時は入口付近に本物が飾っており
文字をなぞってきました
大勢の方がそれをしたため、文字の部分の彫りが深くなってしまい
ガラスケースに入れられたそうです


「ハイドパーク」
王立公園で、かなり広いです
自転車で回るには良い場所で、気持ちよかったですね
また行きたいw


「ロンドン塔」
処刑所だったため幽霊が出ると言われてる場所です
首なし王妃が有名ですね
途中で澪が怖がってたのは、そのためだと思います


「ダブルデッカーバス」
二階建ての赤いバスです
二階の先頭に行きたくなりますが
確かその席に座った場合は
事故にあった時に死んでも
バス会社は責任を取らなかったはずです
確かですけど…


「黒塗りのタクシー」
タクシーは運転手が適当に値段設定してるために
一番カモにされる要素です
行き先を伝えて、値段を先に聞き
その値段なら払う、と決めておけば
余計な周り道をされて値段をあげられる事もないです
ただ最初の値段設定が土地勘がないので難しいです

「ホテル」
僕はホテルの予約をしないで旅してたのですが
ロンドンのホテルはべらぼうに高かった気がします
とは言え、外れの方の宿だったので一泊80ポンドもしないのかな


「ハイウェイ」
個人的に懐かしかったです
ヒースロー空港からロンドンやカンタベリーに行く時に
何度か通ってるため、帰国する時を思い返しました



あとはパンとかお菓子とか何か懐かしかったです
クッキーとパンだけはイギリスの中でも美味しいです

かなり個人的になりますが
ゴミ箱、警備員辺りが懐かしかったですね
あの色合いが懐かしすぎて、思い返してました


他にも色々とあるのですが、こんなところですね
映画自体は思ってたより面白かったです
スポンサーサイト
プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。