stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

殺人者の夢を見ますか?

俺、最近、よく殺人者が出てくる夢を見ます

これが中々に不気味な夢でして
普通に殺人者が出てくる時もあれば
得体の知れない何かが殺人者だったりするのですが
一度も犯人像を見た事がありません

あくまでもイメージで
服装はミリタリーコートの様な物でフードを被ってる気がする
みたいな物なのですが、確実に近所にいて
時に近隣の人を殺した、という情報も入ってきます


また場所も千差万別で
自宅の時もあれば、陸橋下の公園
テーマパークにありそうなプール
友達の家、学校、寂れた田舎町


出てくる登場人物は友達が多いですが
あまり誰が誰だというのは、はっきり覚えてないです
とにかくヤツが来るんですよ
獲物は包丁が多かったと思います


昨日の夢は、田舎町で殺人者が出てきたみたいで
何か愛紗みたいな美人と行動を共にしてた記憶があります
あんまり覚えてないんですが
その美人の家は、部屋が3つくらいしかない一軒家で
戸棚も扉も窓も床も全てがボロっちくて
何となくギャップを感じたのを覚えてます


その人の家には兄妹がいるみたいで、気が気でない雰囲気でした
何となく、俺がここにいない方が良いかな
と思い夜の街でしたが、おっかなびっくりに走ってると
家の公園の付近に着き、少し一息入れてると
殺人者が出るから帰りなさい、と刑事の方に言われて
仕方なく山へ旅に出ました



山に登ってる途中で子供の熊が出てきて
母熊が近い、と思い急いで逃げるために
ガードレールを使ってジャンプして
枝に登ったために熊は上り方が分からなく
朝方まで辺りをウロウロしてる、と痺れを切らして
別の木から乗り移ろうとするのですが
その木は半分朽ちていたために熊の体重を支えられずに
転落して熊は死に、僕は助かったという思いと共に
子供の熊をみると、何故か2匹のダチョウになってました

熊が転落した際に砂煙があがり、あたり一面が霧の様になり
漸く警察が動き始めたのですが
熊よりも殺人者を追いかけているみたいで
霧の様になったせいで町が混乱してるために犯行がし易くなった

という事で多くの警察が出動し警備体制が固く
赤ランプが点灯してる中、電車に乗り
ディズニーランドの様なリゾート施設の
プールへ向かい無事に到着すると
そこは多くの人や友達がいて、みんなで遊び
少し休もうと思い、二階に上がると
何の心配もいらない場所なのに何故か悪寒したので
帰ろうと思い、友人と共に再び電車に乗りました

モノレールみたいな電車から見える風景は
小学校の頃に歩いた公園近くの道であり
そこから近道できたよな
なんて思ってると、そこは埋め立てられて小高い丘になってました

何か得も知れない気分と時代の移り変わりの寂しさを感じてると
目が覚めました



夢って記憶の整理整頓の一つみたいなもので
専門的な話をすると、これらの内容から推測される事は
境界性人格の疑似体験をしてるのかも知れません
これは決して障害とかではなくて
自己防衛をしなくてはならない、という不安定な自己から
タナトス(死の欲望)を感じてるのかも知れません

毎日毎日見るというなら、ともかく
これは至って普通の事で
恐らく皆さんも体験してる事だと思いますし
僕よりも思いつめてる方も多いと思います
不安という描写が僕の場合は殺人者というだけな話です

死を連想させる事なのでタナトスを用いてますが
実際は死を欲望してる訳ではないですし
単なる不安なだけです

何となく、今は手持ち無沙汰があるのと
発表等の不安もあるために
この手の夢を多く見るのかも知れません


春は季節の変わり目の一つで
花粉症だけが辛い訳ではなく
色んな事を葛藤し、そして新たな出会いや別れもあり
木々が息吹が吹き出す季節
何か予感を感じさせるのかも知れませんね


まぁ、所詮は夢です
自我や無意識といった物を考えるより
記憶の整理整頓程度と割り切った方が気が楽です
前を見る事が大切です


ただ怖がりなので
殺人者や怖い雰囲気の場所だけは苦手ですね(苦笑

Comments


プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。