stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

さよならを教えて コンプリートしました

adieu_img.jpg
さよならを教えて -comment te dire adieu-



昔のゲームなので15時間もあれば十分にコンプ出来ます

EDはキャラによっては若干は異なるのですが
基本的に終わり方は同じです
ですので、一周だけでも
話の雰囲気や内容は分かると思われます
もちろん全キャラやった方が話を深く見れると思います


感想は面白かったです
気怠い感じや不気味さ、段々とシナリオが見えてくるために
続きが気になる様な展開
主人公とヒロイン達の対比や感情表現
面白い選択肢や奇妙な世界観と
色々と詰め込まれてるので、ボリュームはあると思います

個人的には言われる程、電波ゲーじゃなかったので
普通にサクサクと進むと思います
まぁ、確かに電波なんですけどw


たまには評価みたいのをやってみようと思います
まぁ、所詮は俺なんかの評価なので、単なる感想みたいなもんです
ですので、あくまでも
人それぞれの捉え方と思っていただけると嬉しいです



「シナリオ」
本当に丁寧です
電波ゲーと言われてますが、読みにくい文章とかではなく
読みやすさがあるから、感情移入が強いのだと思います
決してバカにしてる訳じゃないのですが
内容はともかく、文章自体は中学生向けの小説って感じです
個人的には、こういう文章の方がゲームには向いてると思うだけに
かなり好感が持てました
所謂、ビジュアルノベルならではの
活字じゃないけど活字の良さがあります



「グラフィック」
美麗ですね
CGは少なめですが、色んな角度からヒロインを映すので
単調じゃなくて良かったです
色合いがかなり好みだったので、見ていて気持ちよかったです
まぁ、痛々しいのは苦手なんですけどねw


「音楽」
どれもBGMって感じで全体的に良いのですが
それだけにか主題歌が一番好きですね



独特な雰囲気がある曲なので良いですね
ゲームやる前は、あんまり聴いてなかったのですが
プレイ後になると、全然違って聴こえて良いですね



「演出」
地味にこれが凄いゲームだと思います
こういう部分はセンスだと思うので
本当に素晴らしいと思います



個人的には秀作くらいなのかな…
秀作以上ですが名作か、と言われると難しいんですよ
何ていうか、それくらい評価が難しいゲームです
逸脱してる部分は好きなんですが
わりと普通な部分も多くて
ちょっと拍子抜けなところもありました
もっと禍々しいのを想像してたんですよw
あと、すぐに落ちも読めたのが痛かったかな
この辺りはネタバレなので後半に書きますね

ただ雰囲気や世界観が良いので
そこは他のゲームとは違ってて良かったです
意外な選択肢や、段々と壊れていく様な世界が
盛り上げていってくれました
中々真似できる演出ではないと思いますので
演出に関しては、言葉もないです
凄いゲームです

あと、凄くどうでも良い話なのですが
ファンサイトを見てたら、雑誌の付録にポスターがあったみたいです
その号を持ってたんですよね
何か禍々しいポスターだな、と当時は思ったくらいでした
ただ、確か雑誌ごと捨てた気がします
これで実家にあったら万々歳ですね
いや、さすがに捨てたよなw



以下はネタバレです
もし興味がある方は絶対に読まない方が良いです
侵食されていく世界観を楽しむゲームでもあると思いますので
先に知ってしまうと勿体無いと思います



  何ていうか、主人公が頭がおかしいのは
冒頭で述べてるので説明する必要はないと思うのですが
一体どうしておかしくなったんだろう
とか考えてると、保健室での人体に関する記述されてる部分が
恐らく保健室の物ではないと思い
あーこれ病院だ
と思い、それを前提に考えていくと
各ヒロインが妄想か死者か、とある程度の憶測を立てられ
そして天使と言われる睦月が特殊な存在だとしたら
恐らく、彼女は現実の人物、もしくは生きてる人物
と考えられました

中盤の人形の部分で妄想かな、と思い
あとはストレートに話が進んでいくので、ちょっと意外性がなく
少し残念な気持ちだったのですが、インターンが始まる
という終わり方が意外で
また「先生」という呼び名は変わらず
世界観は引き継いでいくのか、と思うと不気味でした

何度も書いてますが、かなり文章が丁寧なので
文法がめちゃくちゃになると
あれ?と思わされたり、選択肢とは違う事を言ったり
とセンスが逸脱していて、そこが本当に好きです
白と黒といった色の使い方も上手で、もうこの辺りは
完璧だと思います
本当に凄いです

あと誰も悪くない
というのが凄く好きです
これが切なさを増長させてたと思うんですよね…
庇い合いというのでしょうか…切ないです


ちなみに一番グロいと思ったのは、まひるかな
あり得ないサイズなので、違和感が大きくて
何か気持ち悪かったです

臓物や血の表現は、そこまでグロくなかったですが
文章は中々どうして気味が悪くて、良かったですねw

そして、やっぱりヒロインに意味があると良いですね
主人公と全て対比の存在で
変えが効かない、ちゃんと意味があるヒロインで良かったです
ニコニコのコメントでONEに似てる気がする
というのがあるのは、世界観もあるのですが
この辺りからかな、と思いました

とにもかくにも面白いゲームでした
こういう不思議なゲームは貴重なので良いですねw

Comments


プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。