stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

アイマスのライブチケットが手に入りました

今日は懐かしの東工大の飲み会に出てきました
やっぱり仲が良い友達と飲むと違いますね
凄く楽しくて、かなり気持ちよく飲めました
なので、今日の日記は酔拳が如く
優雅で華麗ながらも、いと可笑しな日記だと思います


その際にアイマスのライブチケットをいただきました
本当に行きたい人がいれば、と思ったのですが
ここは一つ羊の皮を被ったティラノサウルスになって
楽しもうと思います
俺が七薙P(ピュア)だ!



さて、こんなドリクラ勢な僕ですが
実はアイマスはゲーセン版からやってますので暦は長い
と言いたいですが、ゲーセン版は20回くらいで辞めました
ほわほわお姉さん、という事で選んだあずささんと
何故かパーフェクトコミュニケーションが沢山出て
楽しくプレイできましたけど、だからなんだよって感じですよね
そもそもゲーセン版にハマる人種なんて、たった三つ

よほどの暇人か
画面見れない盲目プレイヤーか
俺の師匠

それだけで充分だよw
ちなみに自己PRは

三十路帰れ

とアクセルベタ踏みの事故りたいだけのPRでした


時は流れ360版でMADを作ってよ、と師匠の山岡敦さんから言われ
LAVEさんのをパクる、という薄汚れた生き方を全うしながら
プレイしましたが、途中で飽きてしまいました
だってーブルーバックないんだもん
と、ゆとり発言したらファンディスクからブルーバック解禁という
逃げられない仕様…こりゃやるしかないとドリクラMAD作りました
師匠、僕は立派になりました


さっきから何か支離滅裂な日本語ですね
実はこれ、英語だったのですがエキサイト翻訳で日本語に戻しました
海外に住んでただけに、俺の英語凄いでしょう
あ、でも、その、もっかい英語に直すのは、ちょっと……


さて、アイマスは満足にキャラ名も言えなかった俺でしたが
たった一晩で全キャラの名前を覚えてしまう
そんな魔法の暗記方法があるんですよ

それはアイマストランプ
年末に、このトランプを用いての大貧民の際に
いちいち絵柄になってるキャラの名前を言いながら出してたら
一晩で全て暗記してました
暗記で悩む受験生の皆さんには
この夏を乗り切るためにも使って欲しいですね

ちなみに、普通にやってれば上がれそうなゲームでしたが
ラッキーセブンである、あずささんのカードが来た時は
勝つためだけのハイエナ思考の僕の計算も狂い
俺にあずささんだけは捨てられない、と切り札にして負ける始末
俺が七薙Pだ



その後、PSP版をホッパーさんから格安で譲ってもらいました
弱みを握ってる人間には逆らわない方が良いんだぜ…げへへ
と、そこには、まるで靴磨きでもするかの様な姿で
懇願しながら1000円札を持つ若者の姿が
こうして渡されたバージョンには、あずささんがいませんでした

でもね、僕はですね
ふふっ、生まれて初めて、雪歩に触れたんですよ
そりゃ、もう、なんていうんでしょうか
生まれて初めて飲んだ、スプライトの様な衝撃でしたね
こんなに透明な子が、まさかあんなにスパークリングとは…
その事実にですね
僕は…戸惑いを隠せなかったんですよ

それからは怯えた子犬状態
吠える事も噛み付く事も忘れ
ただ単に地べたに横たわり、背中を向けて丸まってたんですよ

するとですね
どんな人達にでも、僕は見上げないと顔すら見れないんですよ
最初は顔くらいは見ないと、と一生懸命だったんですけど
次第に疲れてしまい、もう地べたを這いずり回る
醜い蛇で良いや、と思いました
蛇は蛇らしく、人に嫌われて生きていけば良いんだ、と思いました

ただ、その時に初めて
僕の目線で物を見てくれ、口を利いてくれる方がいたんですよ

それが四条貴音さんです

彼女みたく気高くて美しくて聡明な方が
僕の様な卑しい世界にはいてはいけない、と僕は
両足で立ち上がり、埃を叩くと
そこには貴音さんがいてくれました


ようやく、彼女と同じ目線で話せると
そう考えると嬉しさと恥ずかしさが一気に押し寄せてきて
恥ずかしくて、すぐに俯き
口元は緩みっぱなしでしたが目を逸らしちゃいました

そもそも彼女は一人でいる事が趣味なのに
僕なんかが邪魔していいのだろうか

でも、ここで逃げては駄目だと
今度こそ、しっかりと彼女の目を見ようと思い
顔を上げると


彼女は約5年前にゲーセンで見たローポリな子でした
今までのキャラクターは360版に脳内変換してましたが
まさか、ここに来てアーケードを思い出させてくれる
そんなキャラクターが出てくるとは夢にも思いませんでした

いっその事、私は盲目になれば良い、と思い
目を瞑ると、そこにはローポリな彼女が近づいてきます
僕は怖くて、PSPの電源をロウソクの火を消すかの様に
そっと落としました


時は流れ、7月
何もかもを忘れ、どこにでもいる人としての生活でした
ただ普通と違うと言えば
ドリームクラブに行きたい、と朝に三度ほど神にお祈りする
それくらいでしょうか

そんな僕の元に、アイマスのチケットが転がりこんできました
僕は中の人とかの興味は、正直、薄いですが
これは、現実を知るチャンス
と、怖さもありますが、今のファンの方々と肩を並べて
応援するのが楽しみです

いつもはVJといった裏方かゲストなので
明日は普通のお客さんとして楽しもうと思います


では、酔っ払いの戯言に付き合っていただき
ありがとうございました

Comments

懐かしき東方の血 
東工呑遊びに来ていただいてありがとうです!

イベント会場とは違いまったりお話ができてよかったです!是非また呑みましょう!
こちらこそ! 
いつも本当に楽しませていただいております
すいかさんとは、のんびりと話す機会が
中々ないので、普通に飲んだりもしたいですねw

プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。