FC2ブログ

stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: ムービー作業   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ムービー完成しました!

ついに完成しました!
確認も取ってもらったのですがOKが出ました
やはり依頼者の方に観て貰う瞬間が一番緊張しますね

KFZ.jpg


さて、今回一番大変だったのは
前回と同じ音楽である「刻天の空」だったところです
曲自体はムービーに使いやすいですし
僕がやりやすいタイプの音楽なのですが
同じゲームで二回目というのは、やはり大変でした

最初は、どうしても上手くいかなくて試行錯誤してたのですが
段々とペースを取り戻したのか、良い感じになりました
何だかんだで刻無は本編もやりましたので
世界観は掴めていたのが大きいのかも知れませんね

ちなみに公開は早ければ三日後に熱血家さんのサイトから始まります
聞く話によれば、書店で流れたりゲーム本編にも入るそうなので
頑張った甲斐があったと心から思えます


さて!今日は二本立てでKanon9話についてです

ネタバレもありますので、その辺りも大丈夫な方は
続きを読むをクリックして下さい


  ついに真琴編も大詰めですね~
感動よりも懐かしさの方が多かったのと、美汐のコートを見て
寒い地方で、あの制服ならコートは必需だよな~と思いました
やはり煉瓦さんのKanonは偉大でした
そろそろ祐一が魔法を唱える事でしょう
舞がオールバックで登場するでしょう
剣と魔法のサバイバー!

しかし、真琴編は色々と考察が流行りましたよね
最後のCGの意味とか、秋子さんが救急車を呼ぶENDの意味
ちょっと、うる覚えですが秋子さんの台詞で

あの子は頭がおかしかったのよ

とかは、昔のゲームの雰囲気があって好きだったんですよね
あのENDはKanonらしくない展開ですけど
そこはMOON.とONEを作ったスタッフ達ですからね
どことなくYET11らしさがあります


ちなみに僕は真琴が狐じゃない派です
真琴ルートは切り口がファンタジーで考えるか
現実的に考えるかで分かれるんですよね

僕は後者なので真琴が統合失調症の患者なのかと思いました
ただ救急車を呼ぶ描写がなければ
祐一が患者というのも考えられるんですけどね
まぁ、考察は語ると長くなるので割愛ですねw

どんなゲームにも言えますけど
考察する場合はBAD ENDも読むと良いですね
AIRの観鈴の誕生日のBAD ENDとかは有名ですけど
ONEのBAD ENDも、かなり良いですよ~
多角的に読めますし、一種の答えが隠されてます
そういう点でも真琴ルートは現実派なんですよ


考察もどきは置いておいて
秋子さんが過去の真琴を語ってる時の服装はエロかった…
めっちゃ良いシーンなのに、僕の両目は秋子さんばかりへ…本当にごめんなさい

次回は秋子さんの「いってらっしゃい」に期待ですね
ドラマCDの言い方は本当に素晴らしかった…
涙腺が緩みまくっていたのですが、ついに泣いてしまいました…本当に懐かしいですw
Kanonは最初にやった18禁ゲーだけあって、本当に思い出深いです
気づけば、あれから7年くらい経つんですよね
もうかなり古いゲームなのにアニメ化したりと何だか嬉しいですね

新規の方にも楽しんでいただけて、古い世代にも楽しめる
そういうアニメになる事を切に願ってしまいますね

Comments


プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索