FC2ブログ

stranger than fiction

日記がメインですが、お知らせなどもします

Category: 同人誌制作   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

新作同人誌のストーリーが決まりました

今回は「紅美鈴」と「八雲藍」の同人誌で
あらすじは、こんな感じになっております



大正12年9月
関東大震災から数日が過ぎ、多くの人命が奪われた
そんな中、朝鮮人が暴動を起こそうとしてる等の
出所不明の謎の情報
第一次世界大戦による経済の変動と
不況にも関わらず外航海運により肥大した貧富の差
西洋文化を取り入れ始め、西洋と東洋の境が不安定になった
この様な時代だけに人と妖怪の距離も近く
数多くの情報や噂が飛び交う中
一つの噂が流れる


九尾の狐が再び現れた


九尾の狐とは過去に三国にも渡り
数多くの混乱を招いた大妖怪であり
畏怖と敬意を持つ妖怪も多く、決して軽視できない噂だけに
妖怪の間では瞬く間に浸透した

しかし、所詮は噂であり直接、姿を見た者はいない
そんな眉唾な情報にも関わらず
中国の崑崙山から一人の妖怪がやってきた
名は紅美鈴

この時代の日本は朝鮮人にとって恐怖であり
流暢に日本語が話せないと
中国人だけでなく、日本人まで殺されてしまうケースもあり
尋問や噂から人が死ぬ事もある
魔女裁判に近い暗黒時代にも関わらずやってきた理由は一つ


九尾の狐を探してる


果たして美鈴は九尾の狐に会えるのか
そして、なぜ九尾の狐を探しているのか
噂の九尾の狐は美鈴が探してる九尾の狐と同一なのか
遠方よりやってきた美鈴は数多くの思いを胸に秘め
異国の地で一歩を踏み出した




あらすじは、こんな感じです
やっぱり小説家の方みたく上手く書けませんねw
僕は設定好きなだけで
文章をまとめるのは苦手なのかも知れませんねw


さて九尾の狐と言えば、妲己や玉藻前が有名ですね
その歴史を辿っていくと、中国の夏や殷にも遡ります
それらをまとめながらも
今回は少しお話的な物を取り入れようと思い
僕が好きな封神演義とも繋げております


東方の世界とのリンクは
中国人の「紅美鈴」
九尾の狐の「八雲藍」
藍の主である「八雲紫」
三国協商による「アリス・マーガトロイド」
三国同盟のみならず貿易に携わる「レミリア・スカーレット」
情報や噂に敏感な「写命丸文」


メインキャラ以外にも
ちょい役なんかで色んなキャラが出てくる予定です
もちろんレミリアなんかは美鈴と縁があるキャラですので
多めに出てきますし、紫も重要な位置にいるので多めに出てきます



最後になりましたが
噂で人間が人間を集団という暴力で襲う時代
今の日本では考えられないですよね
だからこそ、妖怪が関与してた
もしくは都会の闇に近づき易かった


小さい頃に暗がりが怖かったりと
そういった忘れてしまった身近にあった恐怖を
少しでも描けたら良いな、と思ってます
そこに中国史や封神演義といったファンタジー要素も入れたいですね

画力を考えれば
相変わらず無謀な計画ではありますが頑張りたいと思います

Category: 同人誌制作   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

受かってました

紅月ノ宴

に受かってましたー!!

同人誌を持っていくので、まったりですねー
一応、ムービー集も持っていきます
余力があれば新作を持って行きたいんですけどね
本に全てを注ぐ形になりそうです

サークル配置などが分かりましたら、また連絡しますねw
とりあえず、サークル活動頑張ります!

Category: 同人誌制作   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ちょっとお勉強中

新作の東方同人誌を出すために、ちょっと歴史や戦争、出来事、文化について勉強してます
参考書や本、インターネットを駆使してやっておりますので
わりと、量が増えてきましたね

でも、まだまだ勉強したりないので
今日は恐らく深夜過ぎてもやってると思われます
朝方くらいに終われば良いのですがw

時代背景や流れ、といった歴史や文化を、をしっかりしないと
どうも落ち着かないのや、ネタを生かし、確固たる物にするためにも
やはり知識は必要だと思います
絵が下手なので説得力を出すには、文字だと思ってるんですよね

もちろん文字が多すぎてもいけませんし
その辺りは上手く削りながらネームを作りたいですね


何十冊も本を読んだりするのは、確かにしんどいですけど
自分への勉強にもなってますので
今日はいけるところまで行こうと思ってます
頑張りますよーw

Category: 同人誌制作   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

冬コミお疲れ様でした

先ずは皆さん、お疲れ様でした
そこまで厳しい寒さではなかったおかげで
イベントも樂に過ごせました

何か、本当に楽しくて何を書けば良いのか
難しいくらいテンション高かったですが
笑顔に囲まれて良い一日だったと、はっきり言えますね

さて、僕は二日目にサークル参加しましたので
二日目の事を書こうと思います


冬コミは初参加なのと、絵の練習をしてからは始めて出す同人誌
それと現在、委託中の作品を持っての参加となりました
遠くからの方も遊びに来られるので
良い機会ですし、挨拶させていただこうと思い
沢山の方に挨拶が出来て良かったです
中には同人誌を下さい、と
嬉しくも、ちょっと恥ずかしい気分にもなってしまう
挨拶なんかもあり楽しかったですw

イベント開始してから配布物を
沢山の方が手に取ってくれて嬉しかったです
そして、もっと良い物を作りたいなーと思いました
頑張らないといけませんねw

また挨拶に来てくれた方も多くて嬉しかったです
わざわざ、僕なんかのサークルに寄っていただきありがとうございます
熊さんは本まで交換してくれてました><

当日はあんまり寝てなかったのと風邪の影響なんかもあり
結構、消耗してましたが、あことさんやクラインさんが
手伝ってくれたおかげで、無事に乗り過ごせました
本当にありがとうございます

また本について、応援して下さった皆さんには本当に感謝しております
下手だなーと自分でも思いますけど
自分の本を自分で、ここが駄目だった、と言ってては
せっかく手に取ってくれた方に失礼だし
もし、至らない部分があるなら次を良くすれば良い
とおけ兄さんから教えてもらいました
漫画をやってみたいと思った理由でもありましたし
本当に今回は色々とありがとうございました
この場を借りてお礼を言わせて下さい

そんな同人誌ですが誤植があるので
ここで訂正させていただきますね

後半の萃香の台詞で

誤:「しかし、それは損な役回り」
正:「しかし、それは損な役回りじゃないよ」

です
これは単純に申し訳ないです

あと、ちょっと単語解説

「華押」…本人と示すサインみたいな物
「無機の王」…物という意味で吸血鬼と掛けてます
「小人」…つまらない人間
「君子」…徳がある立派な人間
「鬼籍に身を入れる」…死ぬという意味
「お赤飯を炊く」…女の子が大人の仲間入りした、という意味
「鬼と一車に載る」…危険という意味
「大八島国」…日本

大体、こんな感じです
他にも「意味分からないよー」というのがあったら言って下さいね


では、そんな冬コミでしたが
お疲れ様でした
凄く楽しかったのも、沢山の方がいてくれたおかげです
本当にありがとうございました!

Category: 同人誌制作   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

完成しましたー!

ついに本が完成しました
大変だったけど楽しかったですw

明日は

西さ-39a
Hightension wires

をお願いします!


よーし、今からゲームだ!!!!wwwww
プロフィール

七薙

Author:七薙

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索